Home » 発展するデジタルコンテンツ産業

発展するデジタルコンテンツ産業光回線の開設サポート

大容量コンテンツの時代へ

 現在、インターネットを利用したオンラインショッピングは、「店舗の営業時間を気にしなくていい」、「店舗までの移動時間・交通費がかからない」、「様々な商品を客観的に比較できる」、「顔を合わせて買いづらいものも買える」など、様々な理由で幅広く利用されています。

 総務省の平成22年通信利用動向調査によると、オンラインで購入された商品・サービスでは、「デジタルコンテンツ」の割合が全体の40.7%と最も高くなっていて、今後もさらに拡大が期待される成長産業です。

インターネットにより購入・取引した商品・サービス

 画像、映像、音楽などのデジタルコンテンツは、これまで音楽CDやDVD、テレビゲームなどのように記録メディアを介して配布されるのが普通でしたが、デジタルコンテンツをオンライン形式で受信する各種の配信サービスも非常に活発になってきました。

 PCで購入したデジタルコンテンツの種類については、音楽、映像、ソフトウェアなどが占める割合が高くなっています。これらのコンテンツはデータ量が大きいため、高速・大容量通信が可能なブロードバンド回線を利用することで、より効率性・利便性が高まると言えるでしょう。

(参考:総務省「平成22年通信利用動向調査の結果」 ※pdfファイル)

Post-Plugin Library missing