Home » 戸建て or 集合住宅

戸建て or 集合住宅光回線の開設サポート

サービスタイプは2種類

フレッツ光のサービスタイプは、住居の構造で大きく2つに分かれます。

 
  ファミリータイプ: 主に戸建てのユーザー向け
 
  マンションタイプ: アパート・マンションなどの集合住宅ユーザー向け

まず、住居が戸建てのユーザーについてですが、ファミリータイプしか選ぶことができません。

そして集合住宅のユーザーは、そのアパート・マンションに光回線の設備が導入されている場合にマンションタイプとなります。

集合住宅であっても、光回線の設備が導入されていなかった場合、戸建てと同様の扱いとなりファミリータイプとなります。

通信速度と料金の目安

ファミリータイプは専用的に光回線を使用でき、通信速度が期待できますが月額使用料は割高です。

マンションタイプは建物に引き込まれた1本の光ファイバーケーブルを建物内で共有して使うため、通信速度はやや遅くなりますが月額使用料は割安となります。

月に支払う合計料金の目安は、プロバイダ料金を1000円とすると

ファミリータイプなら6000円~7000円程度、
マンションタイプなら3000円~4000円程度です。

【ファミリータイプの契約形態】
  一軒の建物について、1本の光回線を引いて「1契約のみ」

【マンションタイプの契約形態】
  一軒の建物について、1本の光回線を引いて「複数契約」

マンションタイプの注意点

マンションタイプの場合、共有部分に引き込んだ光回線を各部屋に配線する方法はマンションによって違います。

直接引くパターン(光配線方式

最も高速で、理想の配線方式だが、建物に穴を開けるなどの工事が必要となる場合がある

LANを使うパターン(LAN配線方式

高速だが、LANケーブル敷設の費用はオーナー負担となり、既存マンションへの適用はあまり例がない。ひかり電話を利用できるが、フレッツ・テレビなどは利用できない。

電話線を使うパターン(VDSL方式)

マンション共用部まで光ファイバーを引き込み、分配器を通じて各戸へは既存の電話回線を利用する。ひかり電話を利用できるが、フレッツ・テレビなどは利用できない。電話回線の距離によって信号が減衰する。

 新しいマンションの場合はあらかじめ各部屋に配線して使えるようになっている場合もあります。しかし、使っている人がいない場合などはマンションに引き込めない場合もあるので、大家さんや管理会社などに自分のマンションが利用できるかどうか一度確かめておいた方が良いでしょう。

Post-Plugin Library missing