Home » 光配線方式

光配線方式光回線の開設サポート

( 工事全体図/集合住宅・光配線方式 )
光配線方式/光回線設置工事

1. 電柱→マンション内共用スペース(MDF室)

※NTT実施

 電柱から、マンション内機械室や廊下などに設置された光ファイバー設備に光回線を引き込み、PT(Premises Termination)に接続します。
 
 スプリッタ(NTT実施)、パッチパネル等(オーナー実施)の設置後、PTからスプリッタ、パッチパネル等に光ファイバーケーブルを接続します。
 
 マンション内共用スペースとしては、電話用のMDF(主配線盤)が収容してある「MDF室」を利用するケースが多いです。

2. マンション内共用スペース(MDF室)→各戸

※NTT実施

 マンション内の配管を利用して、「スプリッタ」または「パッチパネル等」から各戸まで光ファイバーケーブルを接続します。

 各戸には「回線終端装置(ONU)」を設置します。

※設備状況により異なります。

3. 各戸内の配線

※NTT実施

 MDF室から各戸まで引き込んだ光ファイバーケーブルを、「回線終端装置(ONU)」に接続します。

4. パソコンへの配線と設定作業

※利用者実施

 回線終端装置(ONU)とパソコン間はLANケーブルで接続します。
 
 複数台のパソコンで利用する場合は、回線終端装置(ONU)とパソコンの間に、ブロードバンドルータやハブなどを設置して、それぞれのパソコンにLANケーブルで繋ぎます。
 
 無線ルータを使えば回線終端装置(ONU)から離れた場所で光回線を利用することができます。

※光配線方式はマンションタイプの最も理想とする方式で、最大200Mbpsの速度が期待できます。

Post-Plugin Library missing