Home » LAN配線方式

LAN配線方式光回線の開設サポート

( 工事全体図/集合住宅・LAN配線方式 )
LAN配線方式/光回線設置工事

1. 電柱→マンション内共用スペース(MDF室)

※NTT実施

 電柱から、マンション内機械室や廊下などに設置された光ファイバー設備に光回線を引き込み、PT(Premises Termination)に接続します。
 
 スプリッタ(NTT実施)、パッチパネル等(オーナー実施)の設置後、PTからスプリッタ、パッチパネル等に光ファイバーケーブルを接続します。

 マンション内共用スペースとしては、電話用のMDF(主配線盤)が収容してある「MDF室」を利用するケースが多いです。

2. マンション内共用スペース(MDF室)内の配線

※NTT実施

 電線から引き込んだ光回線を、PT(Premises Termination)に接続し、PTから「集合型回線終端装置」までマンション内光ファイバーケーブルで接続します。
 
 回線終端装置(ONU)から「VDSL集合装置」までをLANケーブルで接続します。回線終端装置(ONU)とVDSL集合装置は埃などを防ぐためラック内に設置します。
 
※装置やラックはすべてNTTが用意しますが、LANケーブル・配管については、既存のものを利用するか、管理組合・オーナーに用意して貰う場合があります。

3. マンション内共用スペース(MDF室)→各戸

※オーナーまたはNTT実施

 一般に「インターネット対応済マンション」と呼ばれるマンションで、マンション内共用スペースと各戸の間を予めLANケーブルで接続している場合、各戸の中に新たに機器を設置する必要はありません。しかし、新たにマンション内にLAN配線を施工する場合は、オーナーに設備を用意して貰う場合があります。

4. パソコンへの配線と設定作業

※利用者実施

 回線終端装置(ONU)とパソコン間はLANケーブルで接続します。
 
 複数台のパソコンで利用する場合は、回線終端装置(ONU)とパソコンの間に、ブロードバンドルータやハブなどを設置して、それぞれのパソコンにLANケーブルで繋ぎます。無線ルータを使えば回線終端装置(ONU)から離れた場所で光回線を利用することができます。

※このLAN配線方式を採用した場合、光配線方式に比べて速度・安定性において若干の品質劣化があります。(最大100Mbps)

Post-Plugin Library missing