Home » 戸建ての設置工事例

戸建ての設置工事例光回線の開設サポート

 戸建て住宅(ファミリータイプ)の光ファイバー設置工事は、次の4つの工程で行います。

( 工事全体図/戸建て )
戸建て・ファミリータイプの光回線設置工事

1. 光ファイバーの引き込み (電柱→各戸外壁)

※NTT実施

 一戸建て住宅の場合、まず近くの電柱から住宅の壁に光ファイバーケーブルを引き込みます。
 
 できるだけ建物に傷をつけないよう行いますが、配線を固定するためにやむを得ない場合は、住宅の外壁に光ファイバーケーブルを通す小さな穴を開けたり、金具などの器具を取り付ける場合があります。

2. 光回線の屋内配線(外壁→屋内)

※NTT実施

 屋外から屋内への光ファイバーケーブルの引き込みは、既存の電話用配管など利用可能な配管を使います。
 
 配管に空きがなく既存設備の利用が難しい場合は、エアコンの通気口を利用したり壁に穴を開けたりするなど、設備環境に応じて設置工事を行います。

(光ファイバーケーブルの室内への引き込み例)
光回線の室内への引き込み例

3. 回線終端装置(ONU)の設置

※NTT実施

 部屋に引き込んだ光ファイバー回線は、利用者の室内に設置した「回線終端装置(ONU)」に接続します。
 
※回線終端装置(ONU)はADSLでいうモデムのようなものです。

4. パソコンへの配線と設定作業

※利用者実施

 回線終端装置(ONU)と利用者のパソコンは、LANケーブルで繋ぎます。この接続作業は、利用者の側で行います。
 
 NTTの作業員が持ってくる「超カンタン設定CD-ROM」を使えば、流れのまま設定するだけなので、パソコンの設定を容易に行えます。
 
 複数台のパソコンで利用する場合は、回線終端装置とパソコンの間に、ブロードバンドルータやハブなどを設置して、それぞれのパソコンにLANケーブルで繋ぎます。無線ルータを使えば回線終端装置から離れた場所で光回線を利用することができます。

※事前にセットアップサービスを頼んでおけば、NTTの作業員がパソコンの設定まで行ってくれます。(有料/3,150円[税込]~)

Post-Plugin Library missing