Home » 工事に立ち会う必要は?

工事に立ち会う必要は?光回線の開設サポート

光回線の開設工事では、基本的に本人の立ち会いが必要となります。
本人が立ち会えない場合は、家族・友人でも大丈夫です。

工事のどの段階で立ち会いが必要か

光回線の引き込み工事は、

 電線

 建物

 部屋

の順に行います。

電線(屋外)から建物へ光ケーブルを引き込む工事はNTTが行うので、本人が立ち会う必要はありません。

NTT光回線の電線工事 NTT光回線の建物引き込み工事

建物から部屋の中に光ケーブルを引き込む工事には、本人が部屋で
実際に立ち会う必要があります。

NTT光回線の屋内工事

立ち会って何をするの?

では、実際に立ち会って何をするかというと、

まず部屋の中に引き込んだ光回線ケーブルの設置ルートを、工事担当者と確認します。工事担当者は壁に穴を開ける必要などがある場合、ここで契約者の確認・了承を得ます。

工事担当者が部屋に回線終端装置を設置し、引き込んだ光回線ケーブルと回線終端装置を接続します。

【回線終端装置】
回線終端装置(ONU)前面 回線終端装置(ONU)背面
(前面) (背面)

そして、工事担当者が持参した試験用のパソコンを使用して、NTTのネットワーク網内試験(つまり接続試験)を行います。

無事、光回線の接続が確認できたら全工事が完了となります。(※接続試験で初めて、引き込んだ光回線のおおよその通信速度が判明します。)

工事の開始から立ち会いが終わるまでの所要時間はおよそ30分~1時間程度です。
工事担当者が帰ったあと、立ち会いの際に貰ったCD-ROMを使って、自身でパソコンの設定をしてください。この設定はCD-ROMの案内通りに進めていけば、簡単に終わります。

まとめ

 立ち会いと言ってもほとんどは見てるだけです。
 
 部屋の中に引き込んだ光ケーブルも、多くの場合、部屋を傷をつけないように上手に設置してくれます。通常は電話用の配管やエアコン用のダクトを利用して部屋まで引き込みますが、本当にやむを得ない場合に限り、壁に穴を開けるなどの作業を行います。
 
 光ケーブルはデリケートなものなので、折り曲げたり強い力を加えると割れてしまうそうです。
 
 工事担当者は、光ケーブルをたるみのないように留め具で一定間隔に固定してくれますが、室内で動物などを飼っている方はご注意下さい。

Post-Plugin Library missing